背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび
 

代謝の関係

背中にきびが出来る原因の1つに体の新陳代謝が悪くなっている事があげられます。
代謝が悪くなると肌の生まれ変わりが正常に行なわれなくなるので、
古い角質がいつまでたっても排出されずに肌表面に残り続ける事になります。

古い角質

古い角質は固いだけではなく毛穴の出口を狭めてしまうので、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまい、
皮脂をエサとして増えるアクネ菌が増殖します。

すると肌が炎症を起こしニキビができるようになります。
背中にきびだけではなく、大人になってできるニキビは肌のターンオーバーがきちんと行なわれていないために出来る事が多いのです。

人は加齢によって、新陳代謝が鈍くなります。
キズが治りにくくなる、とよく言いますが、それはこの新陳代謝が鈍くなっているからなのです。
ニキビも同様に、新陳代謝によって、改善し、跡も消えていきます。
しかし、新陳代謝がスムーズにいかないことで、肌が生まれ変わらずニキビの原因が育ってしまうのです。

皮脂

代謝を高める為には食生活に気をつけると共に、定期的に運動する事が大切です。
運動すると血流が良くなるため細胞に栄養が酸素が届くようになり、ターンオーバーがきちんと行なわれるようになります。

また運動するとホルモンバランスも良くなるため皮脂の分泌が減り、これも背中にきびの予防になります。

Copyright (C) 背中のにきびをなんとかしたい